読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横浜・鎌倉子連れお出かけ / カフェめぐり日記

地元は横浜ブルーライン新羽駅か東急綱島あたり。周辺情報やお出かけいろいろ

北鎌倉の浄智寺で青もみじとあじさい散歩

あじさい見にいったんですけど、この時期は緑が本当にキレイで、そっちについ目がいってしまう最近です。

今回ご紹介するのは浄智寺。北鎌倉駅から徒歩7分くらい?こじんまりとしてて、でもとても厳かで、人はそれほど多くなくて、心洗われる散策でした。

見どころ、さくっと紹介しますね。人によって時間は違いますが、20~30分くらいあれば見どころは見て回れます。

 f:id:naokofff:20160607222906j:image

拝観料は200円で、まずは拝観受付で払って、中へ。すぐに目につくのが鐘楼門。二階が鐘楼っていう珍しい山門です。

 

そしてこちらが本堂の曇華殿(どんげでん)。ご本尊となる三世仏がおわします。阿弥陀如来、釈迦如来、弥勒如来で、それぞれ過去・現世・未来の仏様。

f:id:naokofff:20160607223425j:image 

本堂のすぐ脇には緑のお庭が広がっていますが、ここから見る青もみじと書院がキレイ。

 f:id:naokofff:20160607223439j:image

きれいなあじさいにも出会いました。 

f:id:naokofff:20160607223505j:image

順路に従って歩いていると、山を掘った祠が。これはやぐらっていって、僧侶が修行したり、お墓にしたりするんだそう。鎌倉にはやぐらって多い気がする・・・

 

こちら、布袋様。お腹をさすると元気をもらえるみたい。

 f:id:naokofff:20160607223016j:image

f:id:naokofff:20160607223000j:image

 

そして、先ほどは反対側から見た書院へ。日本ってきれいだなぁと思う瞬間。

 f:id:naokofff:20160607222932j:image

で、最初にスタートした鐘楼門のところへ戻ります。鐘楼門とあじさいを撮ってみる。

 f:id:naokofff:20160607223036j:image

浄智寺は、鎌倉の禅宗寺院を代表する鎌倉五山の第四位。鎌倉幕府第5代執権の北条時頼の三男である北条宗政が亡くなったときに作られたそう。1281年ごろ。

 

宋風っていう、当時の中国の様式が多く見られるお寺だそう。

静かな境内に癒されたお散歩でした。